読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の墓標に猫耳を

関ジャニ∞とジャニーズWESTとSixTONESが好きな残念なアラサーブログ

関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!

北海道の初日から始まり、大阪でオーラスを迎えた今回のツアー。ありがたいことに去年と同様、初日から参戦しオーラスでツアーを締めることが出来た…ハズなのですがこの虚無感は何だろう。ツアーが終わったのに、こんなにもモヤモヤしてるのは初めてだ。けどまぁ、ツアーの総まとめは書こうと決めていたので書きます。あくまでも、自分が行ったツアー全部を通しての感想なのでお間違いなきよう。オーラスだけの感想ではございません。オーラスの感想も最後に書きますが…。

 

セトリ順に振り返るつもりですが、全部は振り返りませんよー。

 

【開演前の注意事項】

初日札幌ではこの映像が終わった後に自然と拍手が湧いてましたよ、コレ。いやだって今までこんな映像なかったし、内容も彼ららしいユーモア溢れる映像だったなー。

 

【ドームの最寄り駅から歩いてくる映像】

いやーこれは嬉しかったですね。いつも私たちがワクワクしながら通ってる道を彼らが通っている。凄くファン目線で作ってくれた映像なんじゃないかなと。

 

【開演直前の円陣

まさかコレが中継されるとは。まさか出てくる前に前髪の有無がわかってしまうとは←

けど本当にテンションが上がった演出でした。

 

【キング オブ 男!】

まさかコレが1曲目に来るとは思ってもいなかったので、札幌では若干のどよめきがありましたwwいやでも、『何でキング~やねん!』ってゆうよりかは『今年もキングが見れるなんて…!』ってゆうどよめきの方が大きかったんじゃないだろうか(当社比)

そんな私も札幌ですば亮の『突っ張って!!』を見た途端泣きたくなりましたけどね(早)

 

【前向きスクリーム】

ツアー後半から主に亮ちゃんの中で流行ってたであろう『前向き!前向き!』の部分を腰めっちゃ低くして踊るの、凄く可愛かったです。ただし気まぐれですけどね。やったりやらなかったりだけどね!

 

【ふりむくわけにはいかないぜ】

札幌の次に参戦したのは名古屋だったのですが、最後にみんなで『振り向くわけにはいかないぜ!』って合唱するの、札幌はめちゃくちゃ長くて『いやいつ終わるねん!』って思わず突っ込みたくなったくらいだったのに名古屋ではあっさりと次の曲にいったからめっちゃ違和感があったのですがそうか、よく考えたらこの次の曲が東京から変わって準備する長さが変わったからなのかと…今更気づくという(遅)

あと、オーラスで『絶対!』っていう掛け声するの一箇所思いっきり間違えました周辺の皆様ゴメンなさい。

 

【宇宙に行ったライオン(札幌のみ)】

初カウコンでヲタ卒し、出戻りして初めて行ったライブが十祭な私はライオンを聴くのはコレが初めてでした。生で聴きたかった。聴けて嬉しかった。…というかこの曲は絶対にやるなって確信が前日から実はありました。パンフのリハ風景の写真見てたらわかるのですが、ライオンで亮ちゃんがやる持ち替えのアコギがちゃっかり写真に写ってるんですよねwwそれに加えてドリフェスでも披露されたし、これはもう絶対にやるだろうと確信しながら初日に臨んだので、嬉しかったなぁ…。

私、好きなんです。亮ちゃんがサビ前にかき鳴らしていたアコギから離れて背中に背負ってたエレキに持ち替える仕草が

すっっっっっっっっっごく好きなんです!!!!!!!

もちろん曲も好き。歌詞も好きやし何よりも力強いすばるくんの歌い方が好き。

 

…それだけに、東京でライオンが消えたというレポを見て本当にショックを受けました。『いや、お前札幌で見れたからいいじゃねぇか贅沢言うな』って思われるかもしれんけど、いやそうじゃない、みんなに見てほしかったのよ、今の関ジャニ∞が作り上げたライオンを…!!時間の関係なんやろうけど、本当に何でこの曲削ったんやろう…

 

【言ったじゃないか】

ほぼ毎回大倉さんが台詞を変えてくれたので、とても楽しみにしてましたww確か名古屋だったと思うんですが『村上くんなら、何でも話せる!!!』と間違いなのか天然なのか何故か言い切ってしまった村上さんに動揺しまくって上手く自分の台詞が言えなかった横山さんがとても可愛かったですww

 

横揺れでノリノリで歌うにしきどりょうくん(31)がとてつもなく可愛かったのは言うまでもないよねぇ?!

【Heavenly Psycho】

これは8人の曲。私は8人の関ジャニ∞がこの曲歌ってたから、彼らを好きになったんだ。

 

今までずっと、私がこの曲に抱いていた感情です。エイトの曲の中で一番好きな曲だもの。今も昔も、一番好きな曲は結局この曲だもの。

 

だから、7人で新録すると聞いて、大好きなヘブンリが変わってしまう…と、少し落胆しましたが編曲するのはメンバーで、しかも亮ちゃんだと聞いて一気に不安はなくなりました。亮ちゃんヘブンリ大好きだもの。47コンでも一人で歌ってたし(まぁ時々違うの歌ってたけど)(私入った公演なんて某赤西さんのcare歌ってたからな?!)、きっともっと素敵な曲になるのだろうと思ってました。実際、CD聴いたらやっぱり間違いはなくて。そして今回のツアーで聴いて、7人の今のヘブンリはこれなんだなって納得しました。全員で楽器を演奏して、全員ソロパートがある今のHeavenly Psycho。7人で作り上げたHeavenly Psycho。最高でした。

 

【ズッコケ男道】

札幌でズッコケました。盛大に。

 

いやバンドVerじゃねぇのかよ!!!!!!!!

 

【キャンジャニ前の楽屋映像】

『横ヒナはずっとあやとりやっとけば??』って提案された方。それはメンバーなのかスタッフさんなのかどこのどなたか存じ上げませんが

 

ありがとうございました!!!

 

【CANDY MY LOVE】

札幌で歓声が一番大きかったの、やはりこの曲じゃないかなぁ…。私も、リサイタルのオーラス限りだと思ってたから興奮しましたってか叫んでましたww何なのだろう錦子の破壊力。

 

贔屓目とか関係ナシに私は!!錦子ちゃんが!!!一番可愛いと思うんだがどうだろう?!??!?(必死)

 

【キャンジャニ自己紹介】

これはもう倉子に拍手を送りたい。性悪倉子万歳。ツアーが進むごとにどんどん性悪というか、股が緩くなっていく倉子に笑いが止まりませんでしたwwwwwいやー実に性格の悪いツインテール娘だったwwww

 

【バリンタン】

フリを覚える気など私には全くありませんでした。

 

恥らいながらも少し控えめに踊る錦子ちゃんをガン見するのに踊ってる暇など私にはなかった。

 

それと、オーラスではすばるくん蛍光緑のTバック履いてたんだが、『大倉くんは自分の色がすばるくんの股間で光り輝いていることを知っているのだろうか…』と、いらぬ心配が頭を過ぎってしまったことをご報告しておきます。

 

【キャンジャニちゃんたちの好きな人の映像】

まさかのラブスーパーマンだったので札幌で悲鳴を上げましたwwww

個人的には『ラブラブラブの、ラブラブラブ…もう1回言うよ??』と、何故か恥ずかしい電話番号を2回も言わされているバージョンの方が好きでしたwww

『今日の船上パーティー…』の丸ちゃんのビジュアルがとてつもなく好きなので人知れずあのシーンは毎回ドキドキしてましたwwwあと、安くんの映像は札幌でホンマに滑ってました←

 

【夏の恋人】

いやー何だろう。丸ちゃんが振り付けを担当してからって聞く前と聞いた後じゃ見方が全く変わったよね、いい意味でwwいいよ、このちょっと古臭いカンジの振り付け好きよ!てゆーか2番からのヤンマー!ヤンマー!!ヤンマー!!!サンキューヤンマー!!!!!!!

亮ちゃんの『僕があげるよ~♪』の歌詞に対して『前髪?!前髪あげてるよねぇ?!』と、毎回心の中でいらぬツッコミをしてました。ほぼ毎回。しかも心の中で。

 

【渇いた花】

この渇いた花やる前の、松原.だけのミニMCがたまらなく良いねんなぁ…。爆笑話したまま曲に入っていったり、懐かしい話しながら曲に入っていったり…。特に札幌初日は『まさか俺ら二人で、ヒナが弾くピアノで歌歌うなんて思ってもいなかった』なんて言いながら曲始めたからさ、そらもう泣くでしょ。初日の渇いた花が一番泣いたわww

 

【バナナジュース】

はい。はいはいはい。このツアーの初日で一番デカい衝撃を受けたのは間違いなくこの曲でした。

前日にパンフ読んでて、サックス披露の予定は?の問に『秘密!また今度な?』とか書いておきながらまさか翌日に披露されるとは思ってもいなかった。

だから最初、横と亮ちゃんが出てきてもわからなくて。双眼鏡で見て、モニターで確認してやっと認識できた時には、もう彼はサックスを吹き始めてました。

 

もうね、ずっと口空いてましたよ私。微動だに出来なかったですよ私。『どっくんがサックス買ってもうたからトランペットにしてんで俺!』そんなことを言ってた人達が、隣同士で、向かい合って楽器のデュエットをしているだなんて…。

 

あぁ、初日に来て本当に良かったって一番感じた瞬間でした。

 

にしても自担カッコ良すぎるだろ、いつから練習してたのよサックス…全くわかんなかったよ…うわぁぁぁぁん大好きだ…

 

【my store】

今でこそ大山田が関ジミ3と呼ばれてたの笑い話みたいになってるけど、当時の該当担の子達は自担が『地味』って呼ばれてたの辛かっただろうな…。良かったね3人ともドラマやバラエティや情報番組で個々に活動してるよ…と、微笑ましい気持ちで見てました(何目線だ)

 

【LOVE&KING】

去年、賛否両論を一部地域で巻き起こしたKING。

 

いや今年のKING好きよ!!去年のも好きやったけど今年のは本当に盛り上がったと思う!!!何よりも、2年目ということもあってヒナちゃんが若干慣れてきているのがもうwwwww

 

途中でメンバー出てくるけど、あの、このタイプのダンスをするメンバーとても貴重なので、あの…

 

お願いだからマルチアングル下さいお願いします…!!!(土下座)

 

貴重よー!もうあんなダンス見れるの最近じゃ滅諦にないもの(号泣)

まぁあの、若干1名ほぼ棒立ちの可愛い赤い官能さんもいましたが…(いや、オーラスではめちゃめちゃ俊敏にデタラメに踊ってましたけどね。泣くほど笑いましたw)

 

WASABI

今回のアルバムで、唯一踊るだろうなって思ってた1曲だったので物凄く期待してました。うん、確かにカッコよかったし悶える要素はたくさんあったんですが…

明らかに去年のマスピよりかは簡単になって(ry

 

まぁ今年のアルバムがどう考えてもバンド推しだったんでダンスは今年はそんなに見れないかなぁとは思ってたけどこのWASABIだけはバリバリに踊ってくれるだろうと楽しみにしてたので正直ちょっと残念というか何というか…(苦笑)

 

バンド推しが嫌なわけでは決してないです。今年の彼らはバンドに特に力を入れていたのでバンド色濃い目のセトリで楽しかったんですが…。

ダンスしてる彼らも、見たいなぁ…。

あ、あとワサビに当たった自担に1回も当たれなかったのでそれも凄く残念なんで映像下さい!!!!!!

 

【High Spirits~勝手に仕上がれ】

この1年の、彼らのバンド活動の集大成と言ってもいいんじゃないかと思います。本当に毎回毎回テンションが上がる。毎回毎回咽るまで掛け声をする(迷惑)。

多少のシンドイことがあっても、彼らのこの曲のパフォーマンスを思い出したら乗り越えれそうな気がします。『どいつもこいつも勝手にしやがれ!!』っていう気分になるwww

 

札幌では、丸ちゃんのスラップに自然と歓声が上がってました。

『ニーニニニー♪』の部分は、各々で振り付けして楽しむととっても楽しいよ♪←

 

【オモイダマ(札幌のみ)】

もうね、ホンマにこれも何で削ったんやろうって悔やまれる…。

 

オモイダマは発売された当初は微妙だと思ってても、甲子園で使われ、24時間や番組で披露され、去年のツアーではアンコールの曲として使われ…だんだんと好きになってくるスルメ曲のようなものでした。あくまで私の中でww

それが今回バンドバージョンとして披露されたわけですが、いやもう言わんでもわかるでしょうがあえて言うよ、もっと好きになったよね…!!!

みんなに、見てほしかったなぁ…せっかくのバンドバージョンやのに何でなんだろう…

 

【挨拶(すばるくん)】

前回のニズムの挨拶は、正直毎回一緒のことを言ってた感じだったのであれだったんですが、今回は全部その時に思ってることを正直に話してくれていたような気がします。本当に心に響きました。

 

【侍唄】

今回のツアー、8公演参戦しましたが8回ともほぼ泣いてました。まぁオーラスは普通に泣いてましたが…。

 

この侍唄に関しては、密かに落ち込んでました。いや、結構ショックだったんですよね…自担が主演のドラマの主題歌が売り上げ悪いって…。

 

数字が全てじゃない。そんなことわかってはいるんですがそれでも本人たちの耳には売上が悪かった事実は入るだろうし、少なからずガッカリしてしまったハズ…

 

けどそんなこと関係ナシに、この曲を本編の最後に持ってきてくれた。しかもセトリ変更後に(札幌ではオモイダマだったので)。

もうそんな事実だけで泣けるとか自分いよいよだなって思うんですが仕方ない。毎回泣いてしまいました。そしてやっぱり好きだー侍唄!好きなもんは好き!!

 

【元気が出るSONG】

涙腺のピークが毎回侍唄で来てるからか、元気が出るSONGは毎回ニコニコしながら聴けていたような気がします。自分の歌詞を手書きで書いてスクリーンに映す演出も素敵やったしね♪

 

それにしてもまぁ、一向に上手くなった気配のなかった元気が出るSONGの前の亮ちゃんの挨拶…!!!(爆笑)

いやもうそれが亮ちゃんですよ。その方が亮ちゃんらしいですよ。スラスラ噛まずに饒舌に言える錦戸亮なんて望んではおりませんwww毎回、挨拶が終わるたびに『よく出来ました!』って私は褒めてたからね、亮ちゃん!!

 

はい、以上が今回のツアーの感想です。わかってる、大分偏ってるのは書いとる本人が一番よくわかっとる。けど仕方ないから許して下さい(開き直り)

 

そしてオーラスに関しては、私もまだ気持ちがフワフワしているところではあります。『いやお前錦戸担だろ』って言われればそれまでなんですが、他担は他担なりに複雑な思いをしながらツアーが終わってしまったな、と…。一つ言えるのは決して誰も悪くはありません。大倉くんが出ないと決断したのも、リハ着で出てきて決断をファンに委ねそして6人でやるとファンの前で決意をしてくれた彼らの行動も、あえて盛大なコントだと言って大倉さんの腸閉塞をそこまで言うかっていうくらい笑いに持っていこうとする彼らも何も悪くありません。きっと、それが最善の策だったに違いない。だから私は、その最善の策に乗っかって最初から盛り上がりまくりました。大倉担が悲しくて泣いてる分、私は思いっきりはしゃぎまくって笑いまくりました。うん、さすがにすばるくんの挨拶では泣きましたが。すばるくんに泣かれると駄目だわ、もうそりゃ無理だってば…。

 

まぁそんなカンジで終わったオーラス。私は全力で楽しむことに努めたつもりですが、帰ってレポ読んでたら何かおかしい、いや、何故、何でなんだろう…

 

私もその公演に入ってるハズやったのに、公演中の記憶があんまりなかった…

 

いつも通り、亮ちゃんを集中的に見てたハズやのに『あの部分で亮ちゃんが~』とか見ても『何その亮ちゃん知らない!!』ってなったし…。

 

見てたハズなのになぁ…(苦笑)楽しむってことに集中しすぎて、こうなったんですかねwそんなことも相まって、本当に今もフワフワしたままです。

 

けれどそんなフワフワしてた私でも、あの時みた彼らの絆の深さは忘れてはいないし、この先一生忘れることはありません。

大倉くん、彼らは決して大倉くんの代わりをしようとはしてなかったよ。彼らの行動一つ一つに、『大倉は一緒におるから!』っていうメッセージが現れていたような気がするよ。早く元気になってほしいけど、完全復活で大きい口開けて笑ってる大倉くんが見たいので、体調が万全になるまではゆっくり休んで下さい。オーラスの舞台に立てなかったこと、気にするなとは言わないけれど自分を責めるようなことはしないでね!治るモンも治らんくなるぞ!!きっとファンの子達は謝罪してる大倉くんよりも、元気な姿で笑ってる大倉くんの姿を望んでるハズなんで。私もその内の一人なんで。

だから本当に、治療に専念してゆっくり休んで下さいな。

 

 

…もう何が書きたかったのかよくわからん内容になりましたが、こんなカンジで私のツアーは幕を閉じました。

 

ただただ言えることは、彼らはライブに全力でぶつかってきてくれた。これは間違いなく事実です。すばるくんの言葉のとおりでした。

 

関ジャニ∞が好きで、本当に良かった。